あなたの車検費用はいくら?6サイトで徹底比較!

top > 車の車検費用について > 車検費用の見積もりでは内訳をチェックすることが大切です

車検費用の見積もりでは内訳をチェックすることが大切です

車を所有している人は必ず車検を受ける必要があります。そのため、車の大きさなどによって金額が変わってくるので事前に見積もりを取ってみることがポイントです。ちなみに、車検を取り扱っているところでは、ディーラーをはじめ整備工場やガソリンスタンドなどがあげられます。もちろん、それぞれ見積もりを取ると料金が異なることになります。そして、料金が安いからと言って必ずしもいいというわけではなく、内訳などを見ながら判断をすることが大切です。車検費用の内訳を大きく分けると二種類の費用に分かれます。まずは法定費用で、これに関してはどこに依頼をしても同じ料金が必要となります。そして、車検基本料という部分があります。この部分はその業者によってことなるため、しっかりと比較をして決めることが大切です。

法定費用の内訳としては、重量税と自賠責保険料と印紙代がかかります。重量税に関しては車の重さによって変わり、軽自動車の場合には6600円、1500kgの場合は24600円となります。このように車の重さによってかわるため、業者によって違いが出ることはありません。しかし、エコカー減税対象車や13年以上経過した車に関しては、料金が変わってくるのでその点も注意が必要です。エコカー減税対象車では安くなりますが、13年経過車は高い金額を支払うことになります。次に、自賠責保険料は24か月分を支払うことになります。軽自動車の場合は25070円、普通車が25830円となります。軽自動車のほうが少し安いということになります。最後に印紙代があり、軽自動車も普通車も同額の1100円となります。

そして、車検費用の中で一番差が出るのが車検基本料です。まずは、24ヶ月点検整備や検査代や代行手数料があります。この部分はその業者によって料金を決めているため、一概に言えない部分です。相場としてはディーラーでは4万円前後、ガソリンスタンドでは2万円前後となります。安さでいればガソリンスタンドですが、その車のことを熟知しているのはディーラーのため安心感があります。そして、これ以外にも車検を通すためには消耗している部品や交換が必要な部分に関しては対処をしなければなりません。その中で、エンジンオイルやブレーキオイルは交換をすることが多いです。ちなみに、ブレーキやタイヤは既定の数値があり、それを下回ると交換をしなければならなくなります。そのため、内訳を確認して必ず行わなければならない部分と車検を通すのに支障がない部分を明確にしておくことが大切です。とはいっても、安全に走行するためにも部品を交換をすることが大切です。

次の記事へ