あなたの車検費用はいくら?6サイトで徹底比較!

top > 車の車検費用について > 車検費用をおさえるための知識や対策

車検費用をおさえるための知識や対策

二年に一回行わなくてはいけない車の車検は意外と出費がかかってしまいます。車検費用を少しでもおさえるためにはまずは車検を依頼する業者選びが大切になります。車検を専門に行っている専門店では費用の安さを売りとしている場合が多いのでそういったお店を選んで車検を行うというのも車検費用をおさえる手段の1つです。車のディーラーでも車検を依頼する事はできますがディーラーでの車検費用は比較的高いので車検費用をおさえるためには避けた方が懸命です。ですが、車検費用が高い分アフターサービスや安全面といった部分は充実しているので、安全面を重要視している方などにはお勧めです。もちろん車検費用の安いお店や業者であっても点検やメンテナンスはしっかり行ってくれるので不安を感じる事はありません。

車検費用をおさえる方法の1つのとしてタイヤ交換のやり方というものがあります。タイヤ交換は車検の度に必ず行わなくてはいけないわけではありませんが、タイヤの溝が浅かったり、タイヤの状態が悪い時には行わなくはいけません。車検に出した所でもタイヤ交換は行う事はできるのですが、タイヤの価格はお店によっても結構差があり数千円も変わってしまう場合もあり、タイヤ4本の交換となるとかなりの差が出てしまう事もあります。タイヤの安いお店で車検前にタイヤ交換を行っておけば車検でタイヤ交換を行う必要も無くなり、安くタイヤを交換できるので結果的に車検費用をおさえる事ができます。またタイヤは前輪と後輪とですり減り方に差があるので、状態の悪いタイヤ2本だけを交換して前輪と後輪を付け替え直すという方法も賢いやり方です。

お店や業者によっては車検の事前予約を行う事で車検費用を安くしてくれるというサービスを行っている所もあるので、そういったサービスの有無を調べておくという事も大切です。数ヶ月前から車検の予約をしておくと最大5000円も割引してくれる所もあるので、こういったサービスの有無というのは車検費用を安くおさえるためにはかなり重要視しなくてはいけません。車検では特殊な塗料のコーティングや消耗部品の交換など色々な事に費用がかかってしまいがちですが、絶対に必要な事なのかどうかをきちんと判断するというのも重要です。整備士に絶対に部品交換が必要だと言われた場合は仕方がありませんが、交換するかどうかの判断を任せられた場合は次回の車検の際に交換したり、定期的にメンテナンスを行い経過をみるといった判断をする事も車検費用の削減になります。